日本ワクチン学会

The Japanese Society for Vaccinology

English

【事務局からのお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、4月1日から在宅勤務を実施しておりましたが、6月16日より営業時間短縮(AM10時からPM4時)で再開いたします。
在宅勤務を併用しておりますので、お問い合わせは極力Eメールでお願いいたします。
会員の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

新着情報

   
2020/04/03  新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するBCGワクチンの効果に関する見解【2020.4.3 Ver.2】
 
2020/04/23  お知らせを更新しました
2020/04/07  ヘプタバックス-U水性懸濁注シリンジ 0.25mLの供給再開時期についてのお知らせを更新しました
2020/03/31  高橋賞・高橋奨励賞の締切を延長しました。
2020/03/18  第24回日本ワクチン学会学術集会HPを公開しました。
2020/03/05  アクトヒブ供給再開、COVID-19対応のお知らせを更新しました
2020/02/13  役員を更新しました。
2020/02/07  お知らせを更新しました。
2020/01/28  お知らせを更新しました。
2019/12/25  高橋賞を更新しました。
2019/12/10  役員学術集会記録を更新しました。
2019/12/09  お知らせを更新しました。
2019/11/19  お知らせを更新しました。
2019/09/25  ニュースレターを更新しました。
2019/09/11  お知らせを更新しました。

更新履歴ページ

 

 

 日本ワクチン学会は1997年に設立され、現在950名の会員を擁する学術団体です。

 本会の特色は、基礎研究者、臨床医、製造・開発研究者、疫学研究者の多様な分野の研究者が集まり、ワクチンの開発及び臨床への対応を目的として以下の活動を行っております。

  1. 年次学術集会およびその他の学術集会
  2. 会誌その他出版物の発行
  3. 国内における関係諸機関、 諸学会との連絡
  4. 日本のワクチン研究者を代表する機関として、海外の関係学会等の諸団体との国際的な活動ならびに連絡
  5. ワクチン及び予防接種について社会への広報・啓発活動

日本ワクチン学会編 「ワクチン ―基礎から臨床まで―」発行のご案内

当学会役員の中山哲夫先生が中心となり日本ワクチン学会として編集いたしました「ワクチン ―基礎から臨床まで―」が2018年10月に朝倉書店から発行されました。

本書はワクチンの歴史・概念から開発・許認可・製造・品質管理・サーベイランス・副反応などワクチンに関する最新かつスタンダードな考え方を整理し,さまざまな細菌ワクチンとウイルスワクチン,今後のワクチンそして予防接種のスケジュール・禁忌・法的基盤・費用対効果など,ワクチンのすべてを詳述。日本ワクチン学会が責任をもって世に送り出すワクチンの教科書となる一冊です。

書籍のお申込み・お問合せは、申込書記載の朝倉書店編集部まで

書籍紹介 http://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-30115-1/

 
 

Visit Pages:

Page Copyright (C) 2003-2013 The Japanese Society for Vaccinology. All Rights Reserved